転職における成功の定義と失敗の定義

海老です。

今日は土曜日ですね。転職を目指している人は、会社の業務時間中に転職活動はしにくいでしょうから、土曜日・日曜日・休日を有効活用してください。

転職の成功と失敗の定義

転職活動をして、何とか次の働き先が見つかった…しかし、いざ実際に働き始めてみると…思っていたものとは違う生活が待っていた

コロナ禍によって、中高年を中心に、転職市場にも大きな影響が出始めました。

私が考える転職とは、「次の働き先を見つけること」ではありません。

「働き先を見つけた上で、あなたの能力を発揮し、あなた自身(ご家族を含む)・採用した会社も幸せになる」

これが、私の考える転職です。

ですので、転職エージェントとして「転職情報の良し悪しを売りにしてはいけない」と考えているのです。

何のためにする転職なのか

何のためにする転職なのか。

これからの転職活動は、「あなたが転職する理由・信念」が重要になってきます。

なぜなら、「自らの意志で職を辞して転職を目指す人」だけでなく、これからは「会社の都合で転職をせざるを得なくなった人」が転職市場に流入してくる可能性が高いからです。

あなたが目にしている求人の情報は、言うまでもなく、他の人も見ています。その人数は、数十人、数百人、もしかしたら数千人かもしれません。

つまり、隠れたライバルが数多くいるのです。それも、今までの人数とは比べものにならないでしょう。

このような厳しい状況下での転職について記したのが、拙著「40歳からのサバイバル転職成功術」です。この本を改めて読み返してみると、このコロナ禍においても、十分に通用する内容になっています。

しかし、本を読むよりも、直接私たちにご相談することの方が時間がかからないので、転職の「お試し相談」も承っています。

詳しくは、当社の転職支援サービス「テンキャリ」のご紹介サイトをご覧ください。

よかったらシェアしてね!