離れているからこそ意識したい「見える化」

海老です。

東京など発令された緊急事態宣言を受けて、弊社ではリモートワークに切り替えたスタッフもいます。

去年の緊急事態宣言の時に書いた記事も紹介しておきます。

テレワークが拡大している今、大きな仕事の変化が起きています。

目次

テレワークの拡大=従来の仕事観の崩壊

それは、仕事における日本と欧米のスタイルを比較すれば一目瞭然です。

今までの日本は、残業することによる努力(している素振り?)とプロセスを重視し、報・連・相をしっかりやっていれば、結果が出なくとも良い社員・優秀な社員と思われていました。

しかし、テレワークが普及するにつれて、プロセスは不要になり、結果だけが求められるようになりました。

会社の経営者の視点から考えると、この結果だけの社員は、ありがたい存在でもあり、不安要素でもあります。

会社の倒産・廃業は責任放棄です。ゆえに、会社というものは事業を開始したら永続しなければなりません。

そこには、当然プロセスの見える化や報連相も必要で、社員が社員を教育したり、風土の中でベクトルを合わせていく必要もあるのです。

テレワークで必要なことは「見える化」です。

つまり、テレワーク時代にあなたに問われているのは、「何を見える化すればいいのか」の判断力です。

テレワークが浸透しつつある今、一方で経営者や上司が不安に思う、プロセスの見える化を報・連・相で的確に伝えられる能力があることを面接で示すことで、あなたの印象はグッと良くなります。

あなたが転職を考えているのであれば、今の仕事で結果を出すことと、プロセスの見える化を行ってみてください。

「今の自分の仕事における、プロセスの見える化とは何か?」と思った方は、お気軽にお問い合わせください。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる