転職活動の土台にある人生哲学

海老です。

嬉しいことに、このブログをお読みいただいた方から、転職のご相談をいただくことがあります。

勇気を出してメールをくださった方に良い転職活動を行っていただけるように、全てのお問い合わせにきちんとご返信しております。

目次

転職活動以前に大切なもの

人にはいろいろな性格があり、人生哲学もあります。

人生哲学とは、自分の求める理想像を目指した日々の思考と行動の指針と考えています。これには、過去の経験知も大きく影響しています。

会社に経営理念があり、何故会社が存在するのかを社内外に知らしめています。しかし、人生に人生哲学と呼ぶほど確固たる信念がある人は少ないかもしれません。

人生哲学は、自分の理想像を求める自分の憲法です。

お金持ちになる、などという話ではありません。もっと崇高であり、自分を高めるものであるべきです。

人生哲学が転職活動を左右する

  • 自分とは何か?
  • 何を目指しているのか?
  • 何が大事なのか? 
  • 何が生きる目的なのか?
  • そしてそれに自分はどう向き合ってきたのか?

こうした人生の根本的なことへの問いかけは、転職という人生の節目に気がつくことがあります。

「何ができるのか?」とか「何が得意か?」ではなく、もっと大事な「なぜ」そう「Why?」です。

私たちは皆、安定と成長を望んでいます。

しかし、そのために必要なのは、「何を知っているか」とか、「何ができるか」ではありません。

「人生にどう向き合って生きてきたか?」です。

パソコンにはシステム全体を動かすOSと具体的な作業をするアプリケーションソフトがあります。

多くの人の関心はアプリケーションソフトにありますが、ご存知のようにOSが弱ければパソコンは使い物になりません。

それと同じで、人間も自分の根本的な部分の強弱が人生を決めていることを忘れてはいけません。

毎日、目が覚めてから寝るまでの間に起こる全ての事象について一人一人判断は違い、そのほんのわずかの差が積み重なって今があります。

出世したい、偉くなりたいと思うならそれに見合う精神力を身につけ、他人がそれに納得することが必要なのです。

どんな人にも失敗や挫折があり、むしろ地位が高い人、たくさん活躍している人ほどリスクもあり、厳しい毎日です。

それを乗り越えているのは自分を信じ、疑い、迷い、挫折し、反省し、やり直し、また信じることを前向きに繰り返しているからです。

生まれが悪い、頭が悪い、素質がないと言って自分だけでなく、私にまで文句を言っている人がいます。

環境と他人のせいにするOSを取り替える必要があります。

政府や官僚の批判をする前に、彼らがどれほど働いているか、せめてそこに感謝する気持ちを持ちましょう。

そうした「人としての基本」をもっと強くすることを転職活動の前に、ぜひ見直してください。

私と二人三脚で進める転職活動では、あなたの人生哲学を明確にするキャリアカウンセリングも行っております。また、転職をするか否か悩んでいる方でも、海老のキャリアカウンセリングを受けることもできます。

お気軽にお問い合わせください。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる