プランドハプンスタンス理論で可能性を広げよう

  • 自分とは何ものか?
  • 自分は何をしたいのか?
  • 自分は何をすべきなのか?
  • 自分はどう生きたら幸せなのか?

過去2回で、3つの自分の再発見のヒントにつながる方法をお話ししました。

  1. マイリレーションマトリックス。
  2. 願望100ワンウィーク。
  3. 係累からの推測。

自分の興味が広くて絞り切れないと思ってる方や、未だに何をしたいか良くわからない方がいると思います。

目次

キャリアアンカー理論とプランドハプンスタンス理論

今回皆さんにお伝えするのは、キャリアのベーシックな考え方です。

皆さんはキャリアアンカー理論をご存知ですか?

これは明確な目標を設定し、そこに錨(アンカー)を打ち込んでそこに向かっていくという理論です。

しかし、私はこの理論ではなく、プランドハプンスタンス理論という考え方が好きです。

これは、確固たる目標でなくともおぼろげながらの目標を持ち、そこに向かって行くと目標のない人には見えない、味わえないハプニングが起きて、その目標や成功に近づくと言うものです。

したがって、この理論を広く解釈すれば、最後までやり遂げなければならないことを始めなくてもいいのです。

まずは、何かを始めることで、次々と新しいことが起きていくので、そこで目標を変化させながら自分の望みに近づいて行くということです。

今までは自分には無理だと決めつけて、想像したこともないような目標、例えば、小説家になるでも、映画俳優になるでも、なんでも自由に考えて行動を起こすのです。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる