コロナ禍でのエグゼクティブ人材のキャリアカウンセリング

海老です。

今日は、転職相談で来訪された61歳の方のお話しをします。つい最近の話です。

目次

エグゼクティブ人材との面談に必要なもの

最近の年収は1200万以上とのこと。

外資のカントリーマネージャー、CTOなども経験された、本当のエグゼクティブな方です。

このような立派な経歴をお持ちの方ですが、およそ1年探していても、次の仕事が見つからないということでいらっしゃいました。

経歴を掘り下げていくと、半導体製品の製品設計を手始めに、品質管理などのシステム関連、半導体関連の精密部品のコールセンターの立ち上げと運営、SAPの導入、工場移転プロジェクト責任者などなど、精密機械の品質保証に専門性のあることが、すぐにわかりました。

このようなエグゼクティブな方、専門性が高い方との面談は、よほど人材エージェント・キャリアカウンセラーとしてのこちらの経験とヒアリング(質問)力が必要です。

なぜなら、どういうことを仕事にしていて、何が強みなのかなどの大事なところが理解できないことが多いからです。

1年も探していらっしゃるということで、今までの転職活動の内容と今の状況をお聞きすると、かなり人材のエージェントに会っていらっしゃるとのことでした。

が、案の定、ほとんどのエージェントがこの方の経歴がきちんと理解できず、トンチンカンな求人ばかり推薦してくるとのことでした。

「結局、どのエージェントも役に立たない」と思い、ネットで探して私のところにお越しになりました。

事務系、技術系によらず、長年のキャリアをわずかな時間で、概要だけでも把握するのは本当に難しいことです。

人材エージェント・キャリアカウンセラーに必要な経験とは

人材エージェントやキャリアカウンセラーにも、経験と理解力が必要です。しかも、実体験に勝るものはありません。

アクティベイトにいる人材エージェントは、私のように様々な職種を経験してきています。

人材ビジネスしか経験のない方、小売やサービスだけしか経験していない方では、「メーカーや研究開発とはどのような仕事で、どのような組織か」などは、おそらく想像すらできないでしょう。

私とのディスカッションの結果、「おそらく今後の道は2つある」と説明したところ、すごく納得していただけたようです。

そして、気分もワクワクもしてきたようで、顔つきも明るく、声も元気になったように感じました。

このようなポジティブな変化が見られると、キャリアカウンセリングを行う側としては、とても嬉しいことですね。

あなたもぜひ、転職などの悩みがあれば、優秀なキャリアカウンセラーを探して相談してみてください。

それにしても、マスクをしての面談は、顔の表情が分からないから難しいですね。これもまた新しい経験をしたと思って、次に生かしていこうと思います。

誰に相談して良いかわからないという場合は、弊社までご連絡ください。お問い合わせフォームからでも結構ですので、ご連絡くだされば、私がお返事を差し上げます。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる