40代に必要な「自己の棚卸し、キャリア・人生の振り返り」とは

40代。

人生で一番充実している年代で、仕事で実績を残して会社の現場で高いポジションにつくのが、この年代ですね。

体力も精神力もあり、経験も申し分ありません。早い方だと大企業でも経営幹部として出世しています。

しかし、多くの方は、企業の組織のあるセクションのトップとして、現場を統括しているポジションだと思います。

経営とはまた違い、現場の長はやりがいのある仕事です。

前回のブログで、「40代で管理職として転職を目指す方は、仕事の棚卸しとともに、自己の棚卸しが必要だ」というお話しをしました。

こちらの記事です。

この年代で、今後の人生を左右する自分自身の人生の法則がほぼでき上がります。

50代ではその法則がさらに進化して行きますが、大きな原則は変わらないでしょう。

良い法則を身に付ければ、上司や先輩を敬い、同僚や部下を大事にし、部外者や見ず知らずの人にも親切にすることができるはずです。

そして、仕事も変化を好み、「変化の過程でまた振り出しに戻ることも自己の成長に必要な経験だ」とイバラの道も厭わず、柔軟な思考をします。

何より、さらに大きな仕事へのチャレンジを任せられる実力がついています。

趣味やプライベートでも前向きに明るく、職場では華があります。

自分の経験と個性から醸し出される人生の基本原則

この原則は、20代、30代での苦労を克服したからこそ身に付けられるものです。

自己の棚卸しとは、この自分の基本原則に気づき、見つめ直し、修正するためのステップなのです。

50代になっての修正できるのはごくわずかで、なかなか自分を変えることは難しくなります。

40代は、まだ思考に柔軟性があります。特に40代前半はまだ30代の延長の意識もあり、大きな変化を受け入れることができます。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!