転職後のあなたが確実に給料を上げる方法

海老です。

前回のブログで、会社が考えているあなたへの給与水準を少しでも上げる方法をお話ししました。

上げることも不可能ではないと書きましたが、それでも年収500万から100万、200万と上げるには、同じ階級では無理があります。

ですので、次長や部長などの上のポジションで採用されるしかありません。

目次

結局、年収を上げる方法は1つだけ

では、このように上のポジションで採用されることはあり得るのでしょうか?

実は、ないわけではありません。

会社が課長の採用を考えていたとしても、あなたの総合力が次長や部長クラスのレベルであると判断すれば、会社が何らかの対策をしてでも採用するとする場合があります。

慣例を壊すわけですから、今いる社員に配慮しながら採用に向けて工夫をするのです。例えば、新たに社長室という部署を作り、一旦そこに着任させたり、部署を作らずに社長付き部長待遇としたりします。

もちろん、このようなことは例外中の例外ですが、以前の会社で取締役をしていたり、相当の実績経験が有していたりするなどの場合は、可能性がゼロではありません。

上記のような例外を除けば、抜本的にあなたの給与を上げるためには、入社してから、今いる上位社員以上の働きを見せることが最も容易な道でしょう。

期待外れでしたか?しかし、これが現実です。

気持ちを前向きに切り返えてください。特別な努力も何も必要のない、誰でもできることです。

会社が、経験のある中高年をあえて採用することは、「今の組織をより強化して、成果をあげたい」という願望をかなえるための戦略的な手段です。

課長で採用した社員が定年まで鳴かず飛ばずの課長のままだとしたら、社長は採用は失敗したと判断します。

課長で採用された社員が見事に実績を出し、さらに人間関係も良好で上司部下からも信頼されて、他の従業員の納得の上でポジションを上げ、年収を上げることを会社は大いに期待しているのです。

このようにして以前の会社よりもポジションや年収が上がることがあります。これこそが転職の醍醐味であり、誰もがこのように考えてチャレンジする理由です。

「転職にチャレンジしたい」というあなたの思いの後押しも、「この転職は正しいのか?」という客観的な判断も弊社にお任せください。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる