「面接=仕事」つまり、大事なのは●●です。

海老です。

転職活動での書類審査を通過し、いよいよ面接が決まりました。

さて、面接に臨むわけですが、新入社員ではらない、社会人としての経験豊富なあなたはどのように面接に臨めばいいでしょうか?

目次

仕事は準備が8割

いくつかポイントがありますが、その中で最も大切なポイントだけお話しします。

それは、「本当にその会社に入るつもりがあるのか?」です。

仮に売り手市場であっても、企業は求めるスペックを満たしていれば、誰でも採用するなどと言うことはありません。

社会人として、そして人間として、どんな人物で、信用ができて仕事が任せられるかどうかを大変重視します。

確かに、面接は、あなたも会社を選ぶことができる機会です。

つまり、お互いがお互いを知るチャンスだということです。

しかし、もしあなたが、「あまりこの会社に興味がある訳ではないけど、一応面接に来た。どうしても私を欲しいかどうかを聞いてから考える」といった姿勢で臨んだとしたら、100%面接は落ちるでしょう。

企業側は、仮に最初の出会いであっても、面接という立場をわきまえている人しか採用しません。

ホームページを良く調べて、募集要項の背景も洞察し、どんな人を探しているのかを考えて、「自分ならこんな仕事をします!」と言う人から選びます。

準備ができていない人は仕事ができない人と判断されます。「最初の心構え」が、とても大事だという事です。

弊社では、面接対策も含め、準備の段階から丁寧にサポートしております。特に、弊社の場合、会社・社長の好みと転職希望者の考え方を照らし合わせて最適な提案をすることができますので、まずはデータベースから気になる会社の情報を探してエントリーしてみてください。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる