思ったような人材を採用できない会社の社長さん集合してください。

海老です。

今日は、人材採用をきっかけに会社を変えたい、成長させたい経営者様に向けた記事です。

目次

求人票を正しく書けてない

人事:「社長、●●部で人材が足りません。」

社長:「おお、そうか。じゃ、求人をだそう」

人事:「求人の内容はこれでいいですか?」

社長:「うむ。良いと思う」

人事:「では、これで。」

数ヶ月後…

社長:「中途でとった彼、どうなの?」

人事:「思ったような成果はあげられていないようです」

社長:「またか…」

こういう経験がある会社が多いと思います。

求人をしても理想の人材が来ない…

この理由をあなたは知っていますか?

ストレートに言いますね。

原因は、求人票の書き方です。

これも、「場当たり的」もしくは「目標なき会社経営」の結果です。

以前、転職を目指している方向けに別記事に書きました。

あなたが感じている経営課題と本当に解決が必要な経営課題がズレていると、採用する人材もズレてしまいます。

あなたが感じている経営課題を、よろしければ私に相談してください。

私との対話を通じて、潜んでいる本当に貴社が解決しなければならない経営課題を一緒に見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる