人材紹介におけるヒアリングの重要性

海老です。

当社では法人様からも個人様からも「ヒアリング」を行います。

大切なのは立ち止まって考えること

人材紹介事業の場合は「会社の現状」を、転職サポートの場合は「あなたの現状」をうかがいます。

転職サポートにおけるヒアリングは当然のことなのですが、当社では人材紹介でも法人の担当者様やできれば経営者様にもヒアリングをさせていただいております。

なぜ、このようなヒアリングを実施させていただくのかというと、

会社様からご依頼を受けた人材紹介が本当に必要な人材なのかを判断するため

というのが最も大きな理由です。

法人様が言うことを信用していないわけではありません。

しかし、お話になっている(ご自身が感じていること)が問題の本質ではない可能性が高いことに加え、その人材だけで本当に会社のビジョンを達成できるのかが判断できないので、じっくりと時間をかけたヒアリングをさせていただくのです。

「何回同じことを聞くんだ!?」

同じようなことを何回もお答えいただくことになるので、会社の経営者様から時々お叱りを受けることもあります。

「人材紹介なんだから、言われた人材を探せば良いだろ!?」

このように言われ、悔しい思いをしたこともあります。

しかし、私たちは私たちの信念のもとに、何回も何回もお答えいただいたり、時間をかけてお話をさせていただいた結果、ご自身が見落としていた大切なポイントに気づくことも多いです。

「自分たちよりも自社のことを理解してくれている」

最初はお叱りを受けた会社様からも、このようなお褒めの言葉を何回もいただいております。

当社の人材紹介事業の特徴

簡単な図にまとめました。

大切なことはこの図にまとまっています。

アクティベイトが考える人材紹介とは…

私たちがきちんと依頼企業様の状態を把握し、潜在的な経営課題をも発見し、それを解決するのに最適な人材をご紹介することです。

「企業に頼まれたから人材を紹介しました」ではダメなんです。

よかったらシェアしてね!