面接で好印象を与えるための「経歴の話し方」

海老です。

面接で好印象を与えることができるのは、きちんと想定問答を練習してきた人でしょうか。

否、自分を取り繕うことなく、等身大の自分で真っ向勝負した人です。

目次

面接での経歴の話し方

当社が提供している経営コンサルティングサービスである「屋台骨コンサルティング」のクライアント企業の社長様が来社されました。

その理由は、当社がご紹介する幹部候補の方との面接を行うためです。

約一時間半、私は幹部候補を紹介した責任者として、面接に立ち会いました。

和やかさの中にも緊張感がある面接でしたが、私は候補者のU氏の大変素晴らしい態度に感服しました。

「等身大の自分」で立ち向かう

自分が働くことになるかもしれない会社の社長との面接…転職活動においては一番の勝負どころです。

緊張してしまい、想定問答などの練習してきたもので臨んでしまう方も多いでしょう。それも無理はありません。

しかし、U氏は違いました。

用意したレジュメを見ることもなく、ご自身の仕事人生の経歴を澱みなく話しました。それに加えて、その時々の苦労や成功体験などのエピソードも交えられていて、まさに面接のお手本のようでした。

資料はなくとも話の中身でそれを伝えられるのが、真のビジネスマンでしょう。

U氏の面接での話し方と内容は、ご自身の人生への取り組み方が素直に表現されいるものでした。

つまり、U氏が常に困難に敢えて向き合い、工夫して乗り越えていき、実績を出してきた証拠を、面接の話し方で提示したのです。

若いビジネスマンは何をすべきか?

今、ジョブ型採用が拡大しています。

つまり、時代は、

入社した新入社員をじっくり育てて幹部にするという長期的視点での採用や教育が少なくなり、企業は必要な人を、必要な時に、必要なだけ採用し、要らなくなれば、それなりの対応をする

という変化の過渡期にあります。

ということは、20〜30代のビジネスマンに求められるのは何でしょうか。

答えは、

専門性の高いスキルを身につける

です。

これからの時代は、専門性と経営が両方とも必要になる時代です。

40代、50代の人はどうする?

もしかしたら、専門性によっては、経営とは無縁で会社の中ではスペシャリストとして仕事を全うしてきたかもしれませんね。

それなら専門性を手に入れるために苦労したことや成功体験を思い出してください。必ず、あなたが手に入れた知識・経験・スキルが経営に繋がっているはず。

中高年の転職者は想定問答などをつくる必要はありません。

面接では自分を取り繕うことは考えず、自分の仕事人生をしっかり飲み込んで自然に出る言葉で語りましょう。

「アクティベイト倶楽部」では、あなたの仕事人生を振り返るためのヒントを提供しています。登録無料ですので、この機会に登録しておいてください。

LINEで始める「転職活動」
-アクティベイト倶楽部-

2021年の新企画です。

LINEで「転職成功」につながる情報配信を行うことにいたしました。

また転職だけでなく、あなたのキャリアを振り返り、専門性を見出すことで、新たな働き方をご提案することも可能です。

あなたのキャリアによっては、顧問契約などによる収入の多様化が実現するかもしれません。

スマートフォンのLINEから、今すぐ登録をお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる