転職活動に入ってまず最初にやることは?

あなたが、転職活動を行う(もしくは行っている)とします。

まず何をするかというと、転職サイトに登録して自分にあった求人を探すことだと思います。

目次

35歳以上の転職希望者がやるべきこと

あなたが35歳を過ぎていたとしたら、このやり方では回り道になってしまう可能性があります。

目につく求人が、あなたができることではなく、やりたいことが中心になってしまうからです。

もちろん、人生というスパンでも転職でも、やりたいことを見つけて前向きに生きることは素晴らしいことです。

しかし、やりたいことを見つけ、それを手にいれるためには、長い時間の準備が普通は必要です。だから、なかなか手に入らないのです。

転職の場合、会社に入社するには試験があり、多くは書類審査と面接で行われます。

最初に「自己の棚卸」をやるべき理由

書類審査で判断されているのは、何をやりたいかではありません。

  • 何をやってきたか?
  • どうやってきたか?
  • どんな人か?

の3点です。

おそらく、その採用には、あなたには見えていないライバルがたくさんいるでしょう。

会社としては、求めているミッションを遂行した実績や能力がない人は採用しません。だから、やりたいというだけでは、書類さえ通らないのが現実なのです。

これでお分かりの通り、転職活動でまず取り組むことは「自己の棚卸」です。

社会人になってから何をしてきたか、年代順と項目別に分けて書き出してみてください。

こうすることで実績のデータができあがります。忘れていた実績も思い出し、履歴書や職務経歴書に書く内容が増えてきたと思います。

転職活動に入ってまず最初にやることは、自己の棚卸です。

なぜなら、職務経歴書は応募先の求人内容により書き換える必要があるため、たくさんのデータを持っていることが大いに役に立つからです。

中高年の転職活動には、戦略が必要です。その戦略をあなたと一緒に作るのが、転職エージェントです。

下記の求人情報からエントリーしていただくと、弊社エージェントがご支援いたします。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる