続・Iターン・Uターンの時代が到来しています

海老です。

3/22(月)の日本経済新聞の朝刊39面に当社が後継者をご紹介(=事業承継をご支援)した岡田建具製作所様の事例が出ています。

これがまさに、プロフェショナル人材戦略事業で首都圏で活躍されていた人材を地方企業にご紹介し、現在大活躍されている方のお話しです。

目次

やっぱりIターン・Uターンの時代が到来

さらに、21面には「地方に大企業『副業人材』」という見出しも踊っています。

地方の企業に首都圏の大企業で活躍した人材を送り込み、ノウハウなどを伝えて地方企業の生産力を高めよう!

これは、政府が積極的に推し進めていることです。

内閣府が行っている地方創生戦略の中に、地方の活性化のために首都圏の高度な経験と知識、人脈などを持つ人材を企業が採用することにより、地方を活性化するという項目があります。

これをもとに、各県では中小企業支援をしている公益財団法人などに「プロフェッショナル人材戦略拠点」を設置して人材の獲得を行っています。

つまり、今、必死で人を探している企業や地方自治体があるのです。

ですので、転職を検討しているのであれば、これからはIターン・Uターンも選択肢の1つとせざるを得ないと私はお伝えしています。

以前の記事で、40代以降、とりわけ45歳以上の方の転職は厳しい状況である旨をお伝えしました。

残念ながら、転職においては、あなたの元の年収が高いほど、そして、これからの年収の希望が高ければ高いほどほど、厳しい関門が待ち構えておます。

つまり、多くの中高年は、なかなか思うような求人と出会えずに苦戦していることが多いのです。おそらく、これは社会の状況に左右されることなく、求人倍率が高い状況でも変わらないと思います。

当社には、Iターン・Uターンを活用する転職のノウハウがあります

私は人材紹介をスタートさせてから既に17年、首都圏大企業経験者を地方中小企業へ紹介する仕事も行ってきました。

政府の「プロフェッショナル人材戦略」はまさにこの仕事を大きく前進させることができると感じています。

対象は年齢や学歴に関係なく、地方中小企業で幹部候補やスペシャリストとして活躍したい方です。

もちろん、地域は選択可能。現在当社は全国から続々と求人が入ってきています。首都圏で仕事が見つからない方も、地方で見つかる可能性があります。

動画で解説もしておりますので、ご覧ください

あなたが、もしIターン・Uターンも含めて転職を考えているのなら、アクティベイト倶楽部があなたの助けになるはずです。登録は無料ですので、登録して次のサバイバル転職セミナーに参加してください。

LINEで始める「キャリアアップ」
-アクティベイト倶楽部-

LINEで「キャリアアップ」の情報配信を行うことにいたしました。

情報配信だけでなく、月1回以上のオンラインセミナー(ウェビナー)を開催していきます。

転職だけでなく、あなたのキャリア・人生を考え、新たな働き方を見つけていくセミナーです。

あなたのキャリアによっては、顧問契約などによる収入の多様化が実現するかもしれません。

スマートフォンのLINEから、今すぐ登録をお願いいたします。登録は無料です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる