履歴書の記入の注意点-自己PRと応募理由編

多くの人が志望動機の欄に、ありきたりの文章を書いていることが多いのですが、この欄は、あなたが、履歴書で企業に自分をアピールする唯一の場所です。

目次

自己PRと応募理由

これは、書き方があります。それは、応募先の社長が、「自分の会社を何と思われたいか」を推測して書くのです。

つまり、これは、

その会社のホームページや社長のインタビュー記事などから、「社長が自慢したいことは何か?」ということを読み取る能力があるか

ということになります。

これをきちんと書いている人は、ほんの1%ぐらいしかいません。それだけ高度なのです。しかし、その分、効果は抜群です。

履歴書を持ってくる大概の人はありきたりで、どの企業にも使い回しの利く文章や、自分の自慢話になっています。

アピールとは、自慢ではなく、相手を理解して興味を強く持っていることを表明することなのです。

採用側はここを見ている

自己PRや応募理由。応募先の担当者は、この欄で応募者の考え方や文章能力、応募の意志の強さなどを判断します。

応募理由は、どの企業に対しても同じ文章の使いまわしで応募することはお勧めできません。「その企業の魅力」や、「企業が求めることと自分のキャリアがどのように関連して応募の意思を持ったのか」など、企業側が納得するものがベストです。

明らかに使い回ししているような書き方では、熱意や本気度が感じられません。

文章能力もかなり気をつける必要があります。誤字脱字は言うまでもありませんが、句読点や全体の印象なども気をつけて、良い印象となるように見直してください。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる