履歴書の書き方の注意点-写真編

転職には履歴書と職務経歴書は最低必要ですが、皆さんはあまり他人の書類を見ることがないために、ひとりよがりの履歴書になっていることがあります。

目次

写真が与える印象の強さ

写真は今はデータで張り付けていることがほとんどです。理由はメールで添付してやり取りするからです。

この写真は、あなたが想像している何倍も重要です。

男性でノーネクタイに上着無しなどの常識外れの写真を使っている方が結構います。中には、どこかリゾートで撮ったスナップ写真を使っている方がいて呆れました。その方は一流大学卒で一流商社勤務の方。大企業病丸出しです。

きちんとした服装で撮影したものを使用するのは、当たり前ですので注意してください。

それから意外にルーズなのが、撮影した時期です。写真に写っている方が来るかと待ち構えていると、すごく太っていたり、髪がなかったり、メガネが違っていたり、明らかに老けてしまっていたりします。

確かに写真の写り具合は重要ですが、面接の時の本人を見て驚くようでは意味がありません。

清潔感といい顔の表情であればいいのですから、できれば半年以内のものを使って下さい

たかが写真…されど写真

最近は、履歴書をデータで送るのが普通です。顔写真はデータを取り込んで添付します。

証明写真。「たかが写真とあなどることなかれ!」です。

貴方の雰囲気を文字情報以上に如実に表しているのです。

ちゃんとした写真館で撮った写真はやはり印象はとてもいいものです。多少の出費にはなりますが、ぜひお勧めします。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる