中高年の転職で大切な「会社を見る目」

海老です。

35歳転職限界説は今は過去の話となりました。もう35歳どころではなく、定年を迎えても新しい仕事を探す時代です。

中高年が、何かの理由で仕事を探すことになるのは、もはや全国的に普通のことです。

新しい仕事を探すの目的は、単に生活費のたしにするためだけよりも、自分の人生に新たな目標を立て、そこに向かって進んでいくことの方が、仕事に対して前向きですよね。

間違った仕事探し

多くの仕事を探している方が、根本的に間違えていることがあります。厳しい言い方をすると、レベルが低いです。

それは、会社を見る目です。

自分が就職したらなるべく楽して、居心地良く仕事をするために、

  • 社長はワンマンかどうか?
  • ブラック企業ではないか?
  • 社員はすぐ辞めてないか?
  • 将来性はあるのか?

そして、中には、

  • トイレの広さは十分か?
  • ロッカーがあるか?

などを気にする人がいますが、まったくもって目線・レベルが低すぎます。

前向きな転職活動を

いずれにしても、あなた自身が楽できる都合良い勤務条件で探しても、見つかるものではありません。

アルバイトならまだ見つかるかもしれませんが、正社員ともなれば重い責任が伴いますので、そのような考え方の人は採用されないでしょう。

  • 興味があった新しい業界にチャレンジする
  • 過去に資格を取った職種を極めてみる

など、新しいチャレンジ、新しい人生に向けてぜひ、気持ちを切り替えて仕事を見つけて、「もっとやるぞ!」と言う気持ちで転職活動をしてください。

そして、会社に貢献して、あなたを採用したことを社長が大成功だと思ってもらえるように仕事に取り組んでみてください。

会社に入社することは、会社の目標にあなたが貢献するということです。

それは、同時にあなたの満足にもつなかると思います。

私なら、面接の時にこう社長に確認します。

「ホームページに業界を変革し、オンリーワンの企業を目指すと書いていましたが、社長のお気持ちを聞かせてください!その言葉に間違いないのですね?」と。

弊社では、あなたが次のステージに進むための転職活動をご支援いたします。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!