【秘密公開】40代・50代で転職したければ、コレをやれ!

海老です。

今日の投稿は、私のノウハウの一部を大公開です。

私を含め、社長という人は積極的な人が大好きです。そこで、社長という人の考え方を逆手に取った転職ノウハウをを作り出しました。

50代後半の方でも、この方法で転職を成功させる方もいらっしゃいますし、公開した「転職マニュアル」に登場した高橋さんもこの方法で複数社の内定を勝ち取っています。

つまり、この方法は時代や年代を問わずに有効だということです。

転職したい方、転職を考えている方はぜひ読んでください。

一騎当千作戦

この方法は、名付けて「一騎当千作戦」です。

この作戦の一連の流れは、このようになります。

STEP
自分が働きたいと思える会社を100社ほどリストアップ

ホームページなどを見てターゲットになる企業を探しましょう。

STEP
各社の社長宛にお手紙を書く

細かい内容は割愛しますが、強い意志を感じさせる文面を書きましょう。

STEP
お返事が来るのを待つ

もちろん返事が来ないことの方が圧倒的に高いですが、それでもやる価値はあります。

社長という職業の人の特徴

先ほども言いましたが、社長は「積極的な人」が大好きです。

お返事が来なかった企業はご縁がなかったということで割り切り、リストを絞っていけば良いのです。

本田宗一郎氏の名言は、中高年の転職にもそのまま当てはまります。

成功は99パーセントの失敗に支えられた1パーセントだ

何を書くかがポイント

私のところにご相談にいらした方には、基本的にこの「一騎当千作戦」を行なってもらっています。

お手紙に何を書くかは、あなたが歩んできた道、そして、これから進みたいと思っている道により異なってきますので、ここで説明はできません。

今はメールなどのデジタルツールを使って簡単に連絡ができる時代です。が、あえてお手紙を郵送することにポイントがあります。

他の転職エージェントやコンサルタントさんと比べると、ミドル・シニア世代の転職において成果が出ているのは事実です。

去年・今年とコロナ禍に見舞われた日本においても、ミドル・シニア世代の転職市場はとても厳しいので「誰に相談するか」によって結果が変わります。

お試し相談にお越しいただければ、あなたに合わせたアドバイスが可能ですので、転職を考えている方はお問い合わせください。

ミドル・シニア・エグゼクティブ専門
シニアアドバイザーによるキャリアカウンセリング

アクティベイトのシニアアドバイザーは経験が違います

当社では「転職とキャリアを考える」というテーマで「テンキャリ」というキャリア形成支援サービスを行っています。

海老と井口(当社副社長)が直接お話を伺うミドル・シニア・エグゼクティブ専門のキャリア形成支援サービスが、「テンキャリ for ミドル・シニア」です。

当社でキャリアカウンセリングを担当し、あなたのお話を伺うのは、社員から取締役まで経験しているシニアアドバイザー、業界歴が長いベテランアドバイザーです。

「転職経験もないようなアドバイザーに相談したくない」と思っていたり、「管理職、経営幹部で今後の人生について考えている」いう方は、私たちシニアアドバイザーにご相談ください。

シニアアドバイザー:海老
シニアアドバイザー:井口

当社シニアアドバイザーとは

シニアアドバイザーは、社員や管理職だけでなく、経営幹部・代表取締役の経験も有しています。

人生経験と社会人・経営者としての経験から、さまざまな視点からアドバイスをさせていただきます。

まずは「お試し相談」にお越しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!