中小企業経営者が語る大企業の出身者の印象

今までに7,000人以上の転職者とキャリアの相談や仕事の紹介でお会いしてきました。

私は単に7,000人を面接をしたのではありません。

基本は仕事の紹介を目的に、その方の過去のキャリアと未来の希望などを伺いながらその方の本音を探り、ベストな仕事のお手伝いをしてきたつもりです。

しかし、その中で何パーセントかの割合で、「惜しいなあ、この方は!」と思う人がいます。

敢えて申し上げますが、それは、とてもいい経歴、いい経験をしながら、惜しいかな自分を勘違いしている人です。

目次

勘違い野郎にはなるな

勘違いの仕方は色々で、私達からみると、はるか実力以上の年収に固執している人や、あまり専門性がない上級管理職で高望みをしている人などです。

どんな方に多いかと言うと、大企業の高学歴の方の大企業病、あるいは資格の印籠でなんとかなると思っている資格取得者の水戸黄門病、または高卒でやたらにコンプレックスを持ちすぎている人などです。

たくさんの方とお会いしてみて、このような方の反対の「素直な心」の方はとても素敵に感じます。上司、部下とも、外部の方、クライアントとも良い関係を築ける方と思います。

つまり、紹介先の社長さんや、社員の方とも上手く行きそうに思えるのでなんとかお世話をしたくなります。

新しい環境で評価されるのは、自然で素直な気持ちはとても重要で、勘違いをしている人は嫌われる人です。

勘違い野郎にならないように日頃から気をつけましょう。

中小企業経営者が語る大企業の出身者の印象

「大企業の人材は使えない」

中堅中小企業の社長とお会いして求人のお話しをすると、決まってこの話がでてきます。

全国どこでも同じで、この事実を国も重く受け止めて欲しいものです。

内閣府が進めているプロフェッショナル人材戦略事業は、かなり全国で効果が上がってきています。しかし、人材紹介会社でシニア人材の転職に際して、人材側に転職の心構えを丁寧に話ている会社はほとんど見受けられません。

私は、これを会社創業時からやり続けている自負があります。

人材の流動化が進んでも、肝心の人材の意識が昔のままでは、活躍できません。むしろ中小企業の迷惑になってしまう人材までいます。

この教育や啓蒙活動は人材の出し手である企業もまったく行っていません。全ては本人の自覚に任されていて、ミスマッチが平気で起きているのが現実です。

ぜひ、1人でも多くの方が転職で成功するためにも、プロフェッショナル人材戦略事業をさらに進めるためにも、転職をする人材側へのアプローチをすべきだと思います。

海老一宏が推奨
あなたにぴったりの求人情報

中高年の転職はアクティベイトにおまかせください

私たちが、あなたの転職を全力でご支援いたします。

このような状況の中での転職活動となりますので、耳の痛いご指摘などもさせていただくことがあると思います。

そこはお互いに覚悟が必要な部分ですので、お申し込み前にご了承ください。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる